チェック

 

 

Jkninjnlmokmojmojmoimoimiunijnkjnojjojni

ojoijjiompimpok

mojnoijipm

 

ミンチー

おとこのこ 3さい ロースおじさんのお店を手伝う子ブタ。

まだ小さいのでわからないことだらけだけど、おじさんから任されたお店のホームページ作成の仕事を一生懸命こなそうとしている。

好奇心旺盛でどんなことでも興味を持ち、今は「グーペ」でお店のホームページを作ることにハマり中

 

 

 

 

 

 

 

 

Ounoikpokoijoij0

 

 

 

チェック1~4がすべてできた人は、肩甲胸郭関節の柔軟性があり、肩甲骨周辺の筋肉もしっかり働いています。

<チェック1> 肩甲骨の挙上+上方回旋+外転・内転 

① 肩甲骨の挙上+上方回旋
両手のひらを頭の上で合わせたまま両腕を上げていき、耳につけます。

② 肩甲骨の上方回旋+外転
そのままの状態で、手のひらを背中側へ向けます。
(※できない方は、前鋸筋の筋力低下)

③ 肩甲骨の上方回旋+内転
今度は、そのままの状態で、手のひらを前へ向けます。
(※できない方は、僧帽筋の筋力低下)

★できない方は・・・
肩甲骨を上方回旋させる僧帽筋や前鋸筋などの筋力低下と、下方回旋に働く肩甲挙筋や菱形筋の緊張がみられます。

・なで肩(肩が下がっている)
・猫背
・肩こりや肩甲骨の内側のコリが強い
・胸部や腹部のこりが強い

 

<チェック2> 肩甲骨の外転+柔軟性

① 両手のひらと両ひじを胸の前で合わせます。
② そのまま、ひじが離れないように上げていきます。アゴまで上がればOK!

★できない方は・・・
菱形筋や僧帽筋が伸ばされて筋緊張がおきています。

・デスクワークが多い人、猫背(ひじをつけるところまでできる人は多い)
・巻き肩
・肩コリが強い
・立ち仕事、ヒールをよく履く人、反り腰の人
・背中から腰のこりが強い(広背筋の緊張が強い)

 


<チェック3> 肩甲骨の下方回旋

①片側の手を背中に回し、回した手と反対側の肩甲骨に触れることができればOK!

②肩甲骨、肩関節、腕の筋肉のすべてが柔らかい人は、背中で合掌ができたり、腕を上下から組むことができます。


肩甲挙筋、菱形筋が伸ばされて、僧帽筋と前鋸筋が緊張していると、この動作がやりにくくなります。

★できない方は・・・
利き腕は常に前へ出していることが多く、利き腕側の前鋸筋が緊張してしまいがちです。そのため、利き腕が後ろへ回しにくい人は多くいます。


・デスクワークが多い人(特に利き手側ができないことが多い)
・肩が上がって、首が短く見える人(いかり肩)
・ストレスが多く緊張しやすい人

 


<チェック4> 肩甲骨の内転


①座位か立位で頭の後ろで手を重ね、ひじを外側へ開いていきます。左右90度開けばOK!


内転の動作が苦手な人は胸を前に出して背中を反らすことでこの動きをしようとします。なるべく背中や腰は反らせないで、肩甲骨の内転がしっかりできているかをチェックします。

★できない方は・・・
僧帽筋の筋力低下と前鋸筋や肩甲挙筋の筋緊張がみられます。


・デスクワークが多い人
・猫背(肩甲骨をよせる僧帽筋が伸ばされ、筋力が低下している)
・肩甲骨の外側や胸のコリ・ハリが強い
・運動不足の人

 

いかがでしたか? できない動作があった方は、ぜひ「肩甲骨体操」でストレッチしてみてくださいね。

肩甲骨まわりの筋肉にスイッチを入れて働きを高めることで、肩甲骨胸郭関節の動きがスムーズになります。

 

肩甲骨のガチガチタイプ4つ

長い間、肩甲骨周りが硬くなる生活を続けた人には、なかなか背中で握手ができないという人も。そんな人は、肩甲骨の状態によって4つのタイプに分けることができる。

真横タイプのイメージイラスト

《真横タイプ》
肩甲骨が真横に開いたまま固まるタイプ。背中が丸まっている人、いわゆる猫背の人に多い。

上下傾きタイプのイメージイラスト

《上下傾きタイプ》
肩甲骨が上下に傾いたまま固まるタイプ。片方だけを多く使うクセがある人は要注意。

前後開きタイプのイメージイラスト

《前後開きタイプ》
肩甲骨が前後に傾いたまま固まるタイプ。片側の肩甲骨だけ前に傾くパターン。

ハの字タイプのイメージイラスト

《ハの字タイプ》
肩甲骨の下側がハの字に開いて固まるタイプ。肩が前に入る巻き肩の人に多い。

 

肩甲骨チェック:真横タイプ

真横タイプガチガチチェック

両手のひらとひじをくっつけ、そのまま真上に上げ、肩甲骨が横に広がって固まっていないか確認しましょう。

【OK】

真横タイプガチガチOK

ひじを鼻の高さまで上げることができたら、真横タイプのガチガチではありません。

【ガチガチ】

真横タイプガチガチNG

そもそも両ひじをぴたりと合わせられない人は、肩甲骨がガチガチに固まっている可能性があります。

【ガチガチ】

真横タイプガチガチチェック

ひじがまったく上がらない人は、肩甲骨がガチガチに固まっている可能性があります。

 

肩甲骨チェック:上下タイプ

膝立ちの状態で、肩甲骨が上下にずれていないか確認しましょう。

【OK】

上下タイプガチガチチェック

床から手までの距離が同じ、胸を自然に下げたときに、両手の位置が同じ高さになる人は、左右の肩甲骨が正しい位置にあります。

【ガチガチ】

上下タイプガチガチNG上下タイプガチガチNG

腕を自然に下げたときに、左手が床に近い人または右手が床に近い人は、左右の肩甲骨が上下にずれて固まっている可能性があります。

 

肩甲骨チェック:前後開きタイプ

床に仰向けに寝て、肩甲骨が前後にずれていないかチェックしましょう。

【OK】

前後開きタイプガチガチチェック

床に仰向けに寝たときに両肩が床につく人は、左右の肩甲骨が正しい位置にあります。

【ガチガチ】

前後開きタイプガチガチNG前後開きタイプガチガチNG

床に仰向けに寝たときに右肩が床から離れる人、または左肩が床から離れる人は、左右の肩甲骨が前後にずれて固まっている可能性があります。

 

肩甲骨チェック:ハの字タイプ

腕を上に伸ばして手のひらをくっつけ、肩甲骨がハの字に固まっているか確認しましょう。

【OK】

ハの字タイプガチガチチェック

腕を伸ばしたまま頭上で合掌できる人は、肩甲骨がハの字に固まることなくしっかり動いています。

【ガチガチ】

ハの字タイプガチガチNG

頭上で合掌しようとするとひじが曲がってしまう人は、肩甲骨がハの字に固まっている可能性があります。

【ガチガチ】

ハの字タイプガチガチNG

頭の上で合掌できない人は、肩甲骨がハの字に固まっている可能性があります。

肩甲骨周りの筋肉をストレッチなどでゆるめることが、痩せやすい体になるためのカギだという。