はだし靴下詳細

人間本来の“筋力”と“ 足裏センサー”による

“バランス力”を鍛える為に生まれた一足 はだし靴下は、子供たちの健全な発育促進や健康を願った、はだしトレーニングやベアフットランニングを少しでも快適に行う為の専用ソックスの開発から始まりました。はだし靴下は、”はだし”で活動する時と同様の筋力や足裏センサー機能によるバランス力を鍛え、パフォーマンスアップの為に開発した靴下です。”はだし感覚”による足裏への刺激は脳や内臓器官の活性化にもつながり、血行促進も期待できます。

 

はだし感覚を維持しながら足を保護

はだしで行う競技に対して、はだし靴下は非常に高い効果を発揮します。強度の高いはだし靴下を履くことで、足の保護になる上に、はだし感覚を損なうことなく競技に集中できます。

 

屋外でも使用できる驚異の耐久力

はだし靴下は一般的な靴下に使われている素材よりもより強力な素材を使用しているため、屋外での使用することができます。これにより、激しい動きのある競技でも敗れることを機にすることなく競技に集中できます

 

フォームの改善

はだし靴下を履いてはだし感覚で運動を行うことで自然としなやかな走りができるようになります。また、上体にも影響して正しいフォームで走れるようになります。

 

「扁平足」にも効果的

足の裏には土踏まずという、立った際に足の裏で床にふれないくぼんだ部分があります。この土踏まずを作る骨は、連なりアーチ状になっています。この土踏まずが未発達だと「扁平足」という状態になり、膝痛や腰痛、頚部痛など各関節の痛みを引き起こす要因となることが考えられます。この「扁平足」は、はだしで運動することで足裏に刺激を与え、矯正することができます。

 

認知力が上がり、トレーニング効果が上がる

はだしでトレーニングすることで、普段は靴を履くことで意識していなかった「足をどういう風に出すのか」と言ったレベルのものまで認知できるようになります。また、それによりコツの習得が早くなるだけでなく、一つの動作を行う際に得れる情報量が多くなります。

 

トレーニング時に意識すること

腿から下を動かさないように走ることがポイントです。そうしてふくらはぎなどの筋肉を使わないことで競技の特性に活かすことのできる大腰筋を鍛えることができます。大腰筋は、体の芯となる股関節部分を形成している筋肉なため、体全体のバランスを安定させ、体幹の強化につながります。

 

自然と足をつけることができる

はだしで行うと怪我をする可能性がある活動でも、はだし靴下を履くことで怪我の可能性を大幅に減らすことができますので、サーフィンなどの屋外スポーツに最適です。

 

ホールドとグリップ力で安心感

靴下が足をしっかりとホールドすることで、よりはだし感覚で活動ができます。また、強力なグリップ力がある為、滑ることなくはだしでの活動に専念できます

 

パフォーマンスを最大化するフットギア

はだし靴下は、少しでも安全・安心に着用してもらうため、大学や奈良県とともに何度も試験を行い、より安心してはだし感覚を味わってもらえる一足となりました。

 

はだし感覚を高める為の3D設計とノーシーム仕様

最新鋭編機と匠の技により、足にフィットする3D設計と切替部分をノーシームにすることで着用時の生地あたりを軽減し、抜群の履き心地とフィット感を実現しました。

 

シリコンラバーのグリップだから滑らない

ソール部分に特殊なシリコンラバー加工を施すことで、グリップ力を高め、滑りやすい場所やジム等の室内での使用を可能にしています。

 

ソール部分は摩耗に強い特殊繊維を使用

白いソール部分は、「水よりも軽く、鉄の8倍強い」と言われている特殊繊維を使用。JIS規格摩耗強度テスト74万回以上にも耐えられる設計です。(一般的な基準値:1000回)

 

他に類を見ないマテリアルを使用

HADASHI RUNでは裸足で運動する方の足を保護するために普通の靴下に使われている素材よりも、より強度の高い素材を使用しています。

 

鉄の8倍の強度を誇る高強力ポリエチレン繊維

有機繊維としては最高レベルの強度・弾性率を有します。(同じ重さで比較するとピアノ線の約8倍の強さをもっています。