健康体への道のり

健康体でいられる4大要素

 

 

伸ばす

E282026D-8E24-4F42-9F0C-EBB51364B945.jpeg

立った状態で両手が床につきますか?またお相撲さんの様に長座の姿勢で体がべったりと胸が地面につきますか?かろうじて指先がついたり、体が前屈に出来ても腰や膝の関節が痛くなったりしていませんか?

確実に年齢とともに筋肉や関節は柔軟性を失っていきます。柔軟性を失うと『肩こり』『腰痛』『疲れ』『不眠』『メタボ』といった体の不調が出てきます。そこで大事なのは筋肉を伸ばす『ストレッチ』です。

何故大事なのか?それは固くなった筋肉は放っておくとさらに固くなるからです。筋肉というのは弾力性があるのが特徴で、ゴムやバネのように伸び縮みします。しかし、運動不足や加齢により、筋肉の弾力性は失われ固くなります。そうなると、歩く・しゃがむなどの基本動作はもちろん、つまづきやすくなったり、いずれは歩行困難にもなります。筋肉は関節をまたがって、それぞれ別の骨に付着しており、両端から引っ張られたり縮んだりするため、固くなり、伸びにくい状態になってしまうと、関節の可動域に制限をかけてしまいます。いわば、筋肉や関節がロックされた状態になるということです。さらに、筋肉が固くなるという事は、血流が悪化するという事です。ストレッチで筋肉を柔らかくしておけば、エネルギー消費量は上がります。定期的にストレッチを行えば、メタボ予防にもなるという事です。そして、固い筋肉に引っ張られることなく、体のゆがみも解消され、疲れの解消にもつながります。これがストレッチの素晴らしい効果効能です。一人でできるストレッチを定期的に行ってみて下さい。

 

 

鍛える

4B6E5E21-9E14-4C09-8981-FCFEA6BB985D.jpeg

立筋肉は年を取らないという事をご存知でしょうか?多少大袈裟かもしれませんが、筋肉は実年齢よりも30歳ほど若返らせることが可能です。なので顔の手入れを完璧にしている女性が、筋トレに目覚めたら実年齢よりも程遠い美貌を手に入れる事が可能です。美を追求されている女性には筋トレにも是非目覚めて欲しいです。しかし、勘違いしてはいけないのは、鍛えることは決してマッチョになるという事ではありません。特に運動不足の方は、筋力が低下し、筋量によって燃える代謝を低下させます。また、筋力が低下すると冷えやすい身体になり、冷え性を招きます。さらに筋力が低下すると、骨を支えきれなくなり、骨格もゆがみやすくなります。なので、年を取るにつれて行動を起こす時に何かと億劫になってしまいます。意識を改革させて、筋力をつけるべく、筋トレに目覚めて欲しいです。

筋トレはフィットネスクラブに入らない訳ではありません。自宅を30分程離れ、ウォーキングで帰宅するだけでも良いのです。体を動かすという事は、筋力アップだけでなく、いつまでも軽い身体、メタボ防止、冷えの予防、若返り、様々な病気の予防、ボケの防止にもなります。全てにおいてデメリットなどありません。意識を変えて、少しずつ体を動かしてみて下さい。

 

 

温める

141EC9BF-C612-4AEB-951F-96F81A0D0B16.jpeg

冷えは万病の基というくらい、体に悪影響を及ぼします。体が冷える原因は、血液のめぐりが悪くなっていることにあります。血液のめぐりが悪いと体が冷えるだけでなく、めまいや動機を引き起こします。さらに、血管が詰まりやすくなり、心筋梗塞や脳梗塞の原因にもなります。血液のめぐりの悪さだけでも、このような重大な健康リスクがあります。体の冷えだけで見ても、女性なら生理痛や生理不順、PMS、不妊の原因となります。さらに、体が冷える事で免疫力が低下し、インフルエンザなどのウイルスに感染すると、発病して重症化しやすくなり、隠れていた病気も発病する恐れもあります。体を温めることは、単に『冷えが辛いから』ということだけでなく、健康面を考えても、非常に重要なのです。とくに女性の体は冷えやすいですし、冷えに弱いので、病気や体調不良を引き起こしやすいので、気を使う必要があります。また、「冷え」で最も恐ろしいのは『ガン』です。「心臓」と「脾臓」は、体の中でも体温が高いところなので「冷え」のびょうきであるガンにはなりにくく、胃や大腸・食道・子宮・肺といった管腔臓器は、細胞が周囲にしか存在せず中空になっているので臓器全体としては温度が低く、外界と通じているので更に温度が下がりやすいのでガンになりやすいとされています。(外気温の方が体内温度より常に低いため。)このように、「冷え」がガンの大きな要因になっている事が推測できます。もちろん医学的な発表においてもガンが熱に弱いということは、周知の事とされてきていることは事実。手軽なのは、やはりお風呂などでじっくりと筋肉を温め、体温を下げない食材を口にする事でしょう。

以上の様に、体を温める重要性は十分わかって頂いたかと思います。ならばどうすれば体を温められるか?それは大きく分けて2種類あります。

1つはお風呂、1つは温かい食材を口にする事です。簡単にご紹介しています、宜しければ以下をご参考下さい。

 51D850BE-3548-4616-88FD-00CB0D9EFABC.jpeg840196B9-8F12-4EB4-B700-90801663A8A3.jpeg

 

 

 ほぐす

 足圧60分 コース

『伸ばす』『温める』『鍛える』の重要性は分かって頂けたかと思います。これらは日々の小さな努力でできる事です。これらが少しでも出来てくると体の変化に気が付くはずです。しかし、『伸ばす』『温める』『鍛える』だけでは体は十分満足いくわけではありません。何か物足りないのです。そこでこの足圧が登場します。足圧ではストレッチで伸ばされた筋肉をさらに柔らかくする作用があり、それだけでなく、関節を柔らかくする技術も兼ね備えているので、関節の可動域も広がります。さらに、筋肉をほぐし、関節を緩めるだけでなく、血行を促進することにより基礎代謝も上がります。よって脂肪が燃焼されやすい状態になります。また、鍛えた筋肉のケア、筋疲労によって乳酸が溜まった筋肉をほぐし、体をすっーと軽くさせます。また、自律神経にも大きく関りがあり、日々の交感神経の過剰緊張を解き、副交感神経を優位に立たせ、精神をリラックスさせます。

足圧の素晴らしいところはそれだけではありません。体の深層部の筋肉を徹底的に柔らかくする事が出来ます。この深層部の筋肉をほぐしてはじめて納得のいく『健康体』を手に入れられることだと思います。何より、足圧だけでなく、この4つの作用をしっかりと定期的に行っていれば健康体を超えて、超健康体を手に入れられるという事なのです。なので、この4つの作用は出来る限り行って頂きたく思います。